高石綾子(客室乗務員)


高石綾子(Ayako Takaishi)

大学卒業後、外資系会社やヨーロッパの航空会社に勤めた後、1997年にエールフランス航空の客室乗務員となり、渡仏。同時にフォトグラファーとしての活動を始め、2000年を皮切りにフランスや日本で作品を発表している。

ゆるやかなパリの空気の中で仕事とアート活動を両立

 フランスの航空会社に勤める高石綾子さんは、客室乗務員としてフランスと日本を往復するかたわら、フォトグラファーとして作品を発表している。学生時代はカメラを手にアジアやヨーロッパの各国を旅し、仕事を機に、多国籍都市であるパリが生活の拠点となった。フイルムとモノクロにこだわり続ける高石さんの写真には、これまで肌で感じてきた街の空気が重なっているかのように、空間も時も超えた風景が広がっている。

つづきはこちらから