#ParisMonogatari 

  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon

© 2016 by エフ・エム・エス / Emi CHATEAU-HIRASAWA

石井リーサ明理(照明デザイナー)

November 13, 2016

石井リーサ明理(Akari-Lisa ISHII)

1971年東京生まれ。東京の石井幹子デザイン事務所、パリのライト・シーブル社を経て、2004年独立。2015年、フランス照明デザイナー協会の照明デザイン大賞を受賞。

 

 

照明デザインの職に目覚めた、光の街、パリ

 

 

 石井リーサ明理さんは、明かりを灯す人である。夜間、都市や建造物が暗闇に沈まないよう、適切なライティングを考案する照明デザインが彼女の仕事だ。長野の善光寺や東京の新歌舞伎座、国外ではパリのノートルダム寺院やメッスのポンピドゥーセンター。世界に名だたるモニュメントが彼女の明かりに照らされて、より美しさを際立たせる。その活躍の場は世界各国に広がるが、拠点としているのは生まれ故郷の東京、そしてフランスのパリだ。なぜパリに?という問いかけに、彼女は明快な答えを持っている。

 「パリは、光の街だから」。

 

 

 

つづきはこちらから

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

稲沢貴雄(料理人/「CUISINE」共宰)

ChibiRu(手ヅクリ家)

加藤亨延(記者)

1/10
Please reload