#ParisMonogatari 

  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon

© 2016 by エフ・エム・エス / Emi CHATEAU-HIRASAWA

庄司紗矢香(ヴァイオリニスト)

November 13, 2016

庄司紗矢香(Sayaka Shoji)

1983年東京生まれ。16歳の時、パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールにて日本人初・史上最年少で優勝し、世界を舞台に活躍する。2016年、第57回毎日芸術賞を受賞。

 

 

旅を栖にする演奏家が戻る場所に選んだ、パリ

 

 

 5歳からヴァイオリンを始め、16歳で国際的なコンクールに優勝。以来ヨーロッパを拠点とし、世界中を演奏旅行で駆け巡る。6カ国語を操り、各国の名門オーケストラや音楽家と共演する庄司紗矢香さんは、日本が誇る当代一流のヴァイオリニストだ。ヴァイオリン・ソナタ全曲収録という快挙を成し遂げ、33歳の若さで毎日芸術賞を受賞している。

 おじ通り「旅を栖(すみか)とする」庄司さんだが、その合間に戻る街として選んだのが、パリ。ニューヨークやロンドン、ベルリンなどの大都市を従来しつつ、唯一「自分が住める」と感じたのが、ここだった。

 

 

 

つづきはこちらから

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

稲沢貴雄(料理人/「CUISINE」共宰)

ChibiRu(手ヅクリ家)

加藤亨延(記者)

1/10
Please reload